ページトップに戻る

エアパス工法とは

衣替えするエアパスの家

四季を通じて快適に暮らす。「衣替え」するエアパスの家

四季工房が考えるエアパスの家は、単に「エアパス工法」という機能を持った家のことだけをさすのではありません。そこにあるのは「自然との共生」という大きな意味です。
家は自然から身を守るが、一方的な遮断をしない。自然の力を借り、自然のエネルギーを上手に活かしていくための家。自然が与えてくれる安らぎや豊かさに感謝しながら、共に生きていくための家を四季工房は追求し、エアパスの家にたどり着いたのです。
だから、その家づくりはマニュアルに頼らず、一棟一棟、気候や立地などの条件を読み取り、家族の希望を聞きながら丁寧につくっています。