ページトップに戻る

エアパス工法とは

エアパス工法1 エアパス工法とは

エアパス工法は壁内の断熱材の両側に通気層と内壁空洞の2つの空気層を設け、エアパスダンパーの働きで空気に一定の流れをつくります。小屋換気口と床下換気口の開閉により、夏は自然の涼しさを、冬は陽だまりの暖かさをつくります。

エアパス工法が実現する、極上の住み心地

エアパスの家は3つの工法特性を併せ持った、より理想に近い住まいです。

パッシブソーラーハウス 新・外断熱工法 壁体内通気工法 パッシブソーラーハウス 新・外断熱工法 壁体内通気工法

夏 自然の涼しさ 小屋・床下換気口を開けます。

床下換気口より冷風を取り入れます。
自然の涼しさ通気層と内壁空洞内に発生する上昇気流にのせて熱気を小屋換気口より排出します。
自然の涼しさ熱気とともに湿気を放出し、カラッとした住み心地をつくります。

冬 陽だまりの暖かさ 小屋・床下換気口を閉めます。

太陽熱が屋根・壁体内の通気層の空気を暖めます。
自然の暖かさ内壁空洞の空気が循環して、住まい全体に暖かさを運びます。
自然の暖かさ流れる空気が湿気を抑えて、結露を防ぎます。

エアパス夏冬の空気の流れ