ページトップに戻る

国産材と自然素材を使って家をつくるということ

日本の木を使う「地域循環型」の家づくり。
「地域循環型」の家づくりは地域経済の活性化に貢献しています。

化学物質を低減した家づくりで人と環境を守ります。

室内空気の汚染が原因で起こるシックハウス症候群。その主な原因はホルムアルデヒドという化学物質であることが分かっています。四季工房は新建材に頼らず自然素材を使った家づくりをし、ホルムアルデヒドのみならず人工由来の有害化学物質を削減する取り組みを続けてきました。

安全な自然素材100%の
本物のしっくい壁を採用

しっくいは湿気の吸放出作用があり健康性に優れ、木の家によく調和します。昔ながらの安全なしっくいを、メーカーに特別注文して使用しています。

人や動植物にやさしい
天然由来成分の塗料

天然の木や植物から抽出された、人や環境にやさしい塗料を厳選して使用。アトピーやアレルギーなどのシックハウス症候群の心配のない天然由来成分の塗料を使用します。

天然接着剤を中心に使用
可能な限りボンドレス施工で

使用する接着剤は安全性の高い「にかわ成分」のものを中心にして、強い接着を必要とする場所には有害物質を抑えた接着剤を使用しています。床はボンドレス施工で床材の再利用を促進します。

土に還る無害な新素材
「モイス」を耐力壁として採用

安全性の高い自然素材の建築材であり、しかも一般在来木造住宅比2倍以上の耐震強度を誇ります。