エントリーはこちら

社員インタビュー

佐藤 翔太

2015年4月入社 郡山本社 施工 福島県福島市出身

工程管理、品質管理、予算管理、安全管理など家づくりに関する業務全般に携わる仕事です。施主様との打合せや、イベントの企画なども担当しています。

四季工房に入社を決めた理由についてお聞かせください
私の実家が四季工房で家を建てたので、四季工房の家の住み心地は身をもって体感していました。就職活動時に合同説明会で偶然、四季工房を見つけたのがエントリーしたきっかけでした。入社試験の際に社長の話をお聞きする機会があったのですが、非常に感銘を受け、何の迷いもなくこの会社に入りたい!と決意。面接いただいた際に社長の熱意に圧倒されてしまい、「用意していた自己PRや志望動機が全て飛んでしまいました」と白状したことを覚えています。
文系出身者でありながら施工業務に携わることの難しさや、
逆にやりがいがあったら教えてください
分からない事ばかりで、毎日勉強の日々ですが、新しい知識が自分の中に蓄積されていく喜びが実感できる仕事です。分からない事は上司が教えてくれますし、現場で分からない事があれば協力業者の方に教えていただくことも可能。建築の教科書には載っていない、活きた知識も実践から身に付きます。予算管理などの業務は文系・建築系にかかわらずスタート地点は一緒ですので、努力次第で十分勝負できます。私のように建築系出身でなくとも、日々の業務で学んだことをいかに自分の血と肉にしていけるかどうかで、成長の度合いが変わってくる仕事だと思います。
仕事をしていて良かったと思えたエピソードについて教えてください
四季工房では、お引き渡しした後のアフターメンテナンスを大切にしています。引渡し後1カ月目で1回目のメンテナンスのためにお客様の元を訪問するのですが、その時に満足して住んでいただけている様子を目にすることで、やりがいを感じています。 一番嬉しかったのは、引渡ししたお客様に「今後知り合いが四季工房で家を建てる事になったら、担当者は佐藤さんがいいよ!とお薦めしておきます」と言っていただけたこと。仕事ですから、正直言って大変なことも多いですが、こうしたやりがいを求め、さらに頑張り続けようと思えてきます。