ページトップに戻る

~私たちは3.11から何を学んだか?~ 「大震災に強い家づくり」

「今だから語れる真実」大地震、津波、原発、液状化・・・・。被災した2002棟を徹底検証して分かった「実態」「教訓」「課題」とは? これからの家づくりに欠かせないポイントを余すところなく伝えます。

tsuyoi

目次

第1章 福島県郡山発、地域工務店の大震災記

≪内容の抜粋≫
  • ・お客様の被害把握は困難をきわめる
  • ・石巻から被災地支援の第一歩を踏み出す
  • ・会社と社員が直面した放射能という見えない敵
  • ・「安全なわが家」のありがたさを再認識する

第2章 私たちがつくってきた家は震災に強かったか

≪内容の抜粋≫
  • ・四割がまったく無傷だった四季工房の家
  • ・被害から学んだ「震災に強い家」とは
  • ・木造住宅は地震に強い
  • ・無垢の木の天然乾燥が持つ粘りある強さ
  • ・震災への強さは総合力のたまもの

第3章 ポスト大震災時代の暮らし方

≪内容の抜粋≫
  • ・天災大国ニッポンの生き方
  • ・エネルギーも家も「大量消費」の時代は終わった
  • ・「便利」と「効率」ばかり追求しない
  • ・「ほどほどの快適さ」がパッシブの基本
  • ・家は人の命を守り次の世代を育む