四季工房
Loading...

木の注文住宅づくりから、未来を変える 株式会社四季工房

コラム

住宅ローン金利タイプとは?タイプごとの借り入れ方法・注意点まとめ

住宅ローンを選ぶ際は、金利タイプも同時に選ばなくてはなりません。

この金利タイプは住宅ローンを組む際に初めて知る方も多いですが、何も知らないまま契約してしまうと返済総額も大きく変わってくることがあります。

そのため、主に3つある金利タイプに関してはその内容を熟知しておく必要があります。

 

今回の記事では住宅ローンの金利タイプについて解説します。

タイプごとの特徴はもちろん、借入先ごとや借り入れ方法ごとのメリット・デメリットもご紹介します。

近々住宅ローンを借りる予定の方は、最後まで読んで入念な返済計画を立てていきましょう。

 

 

住宅ローンの金利タイプにはどんなタイプがあるのか?

住宅ローンの金利タイプは大きく分けて3つあります。

その3つとは全期間固定型と変動金利型、そして固定期間選択型です。

これらはそれぞれに特徴があるため、以下にてその特徴をまとめました。

 

金利タイプ 特徴
全期間固定型 全期間にわたって金利が固定されるタイプ
変動金利型 経済情勢によって金利が変動するタイプ
固定期間選択型 一定期間は固定金利でその後に変動金利に切り替わるタイプ

どの金利タイプを選ぶかによって金利に左右される確率が変わるため、慎重に検討する必要があります。

金利の変動に左右されたくないという方は全期間固定型がおすすめですが、金利の変動に左右されたとしても負担を減らしたいという方は変動金利型がおすすめです。

近年はそれらの両方を組み合わせた固定期間選択がなども人気です。

 

一見すると「金利に左右されない全期間固定型が良いのでは?」と考えるかもしれませんが、全期間固定型の場合は変動に強い一方、やや金利が高い傾向にあります。

一方で変動金利型はやや金利が低い傾向にあるのですが、変動に弱いのが玉に瑕です。もちろん、どちらも一長一短なので、あえて両方組み合わせる固定期間選択を選ぶのも選択肢としては十分価値があります。

 

金利タイプごとに特徴が異なるため、住宅ローンを契約する際にはこれらの金利タイプは必ずしっかりと情報収集してから判断してください。

 

金利タイプ別のメリット・デメリット

金利タイプの判断は慎重に行いたいため、ここではそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

以下にて簡単にまとめているので、ご自身にとってどの金利タイプが最適なのかを比較してみてください。

 

金利タイプ メリット デメリット
全期間固定型 金利の変動に強い 金利がやや高い
変動金利型 金利がやや低い 金利の変動に弱い
固定期間選択型 固定金利と変動金利の複合 リスクが0ではない

このように全期間固定型にも変動金利型にもメリットとデメリットがあります。

金利が高くてもリスクに備えたいということなら全期間固定型がおすすめですが、リスクを疎かにしても金利を低くしたいということなら変動金利型がおすすめです。

どちらか選べないという場合は固定期間選択型を選ぶのも良いでしょう。

ただ、固定期間選択型は一定期間のみ金利の変動に左右されませんが、期間終了後は金利の変動に左右されます。

その点、リスクが0ではないことを理解して選びましょう。

 

 

住宅ローンの借入先の選択肢

住宅ローンは借り入れ先もそれぞれ異なり、主な借入先は3つあります。

その3つとは民間ローンとフラット35と財形住宅融資です。

単に住宅ローンと聞けば金融機関から借りると思いがちですが、実際には複数の借入先から選んで組めます。

まずは以下でそれぞれの借入先の特徴をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

借入先 特徴
民間ローン 銀行など民間金融機関が融資している借入先
フラット35 民間金融機関と住宅金融支援機構が融資する借入先
財形住宅融資 自治体など住宅金融支援機構が融資している借入先

どの借入先を選ぶかで返済計画も変わるため、まずは民間ローンかフラット35か財形住宅融資かのどれを選ぶか考えてみましょう。

民間ローンは多くの民間金融機関が提供していることもあり、豊富な金融商品が用意されています。

その一方、フラット35は金利が固定されていて保証料がかかりません。

その他、財形住宅融資は一定の条件を満たした人のみが借り入れできるもので、融資手数料などがかかりません。

 

このように借入先だけでもそれぞれ大きな違いがあります。

多くの方は適当に借入先を選んでしまいがちですが、固定金利ならフラット35が有利で変動金利なら民間ローンが有利という状況もあるため、住宅ローンを契約する際の時勢も考える必要が出てくるでしょう。

こればかりは素人で判断するのが難しい面も多いため、住宅ローンに詳しい専門家などの意見を参考にすると良いです。

 

特に借入先ごとに綿密な試算が必要となります。

そのため、数年数十年先のことも考えて返済計画を立てていくというのは素人には少しハードルが高いです。

できれば専門家に試算してもらい、完済後の生活まで思い描くよう工夫してみましょう。

 

借入先別のメリット・デメリット

借入先によってもメリット・デメリットがあるため、選ぶ際にはきちんと目を通しておくことが重要です。

以下では簡単ではあるものの、それぞれの借入先ごとのメリットとデメリットについて簡単にまとめます。

 

借入先 メリット デメリット
民間ローン 選択肢が多い 審査がある
フラット35 保証料がかからない 選択肢が少ない
財形住宅融資 融資手数料がかからない 申し込みに条件がある

民間ローンの場合は同業他社との競争も激化している背景があり、多くの金融商品を扱っています。

そのため、単に住宅ローンとは言っても選択肢が多いです。

その一方で事前審査や本審査などの審査がある点に注意が必要となります。

また、フラット34は保証会社を利用しないため、保証料がかかりません。

その一方で選択肢が少ない点については注意が必要です。その他、財形住宅融資は融資手数料がかかりません。

それだけではなく実は保証料もかかりません。ただ、申し込みに条件があります。

 

一見するとどの借入先も似通っているように感じますが、それぞれ違いもあります。

特に、どの借入先を選ぶかによって返済計画が変わってくるため、契約しようと考えている借入先ごとにシミュレーションをしてから判断してみてはいかがでしょうか。

 

 

住宅ローンの借り入れ方法の種類と注意点

住宅ローンは借り入れ方法によっても違います。

特に借り入れ方法も3つほどあり、ペアローンや連帯債務、連帯保証などがあります。

それぞれどのような借り入れ方法を選択するかによってリスクも異なるため、十分に比較検討して判断しましょう。

以下、簡単に住宅ローンの借り入れ方法の特徴をまとめてみました。

まずはこちらを参考にしてみましょう。

 

借り入れ方法 特徴
ペアローン それぞれの配偶者が個別に契約する借り入れ方法
連帯債務 契約者1人と連帯債務者による借り入れ方法
連帯保証 契約者1人と連帯保証人による借り入れ方法

住宅ローンを組む際、もし夫婦で生活するということであればペアローンで借りられます。

ペアローンはそれぞれの配偶者が個別に住宅ローンを契約する借り入れ方法です。

そのほか、契約者1人と連帯債務者による借り入れ方法の連帯債務、契約者1人と連帯保証人による借り入れ方法の連帯保証などがあります。

特に連帯債務や連帯保証の場合、それぞれ連帯債務者や連帯保証人を立てなくてはならないのが特徴となります。

 

原則としてこれらの借り入れ方法は自分で選択できるのですが、状況によっては契約できないこともあるので注意しましょう。

たとえば、ペアローンに関しては当然ながら単身者の場合は活用できません。

あくまでも夫婦で利用するものなので、独身の方はどうしても契約できないという特徴があります。

また、連帯債務や連帯保証も同じです。

それぞれ連帯債務者や連帯保証人になってくれる方がいなければ、契約をすることは難しいでしょう。

 

それぞれ契約に関しては条件があるため、どの条件に当てはまるのかということを事前に確認することが必要です。

これら借り入れ方法に関しては、シンプルに一家の大黒柱が契約者本人となることも多いです。

近年は男性だけではなく女性が収入の根幹を担っているという家庭も多いため、そこはご自身がどの条件に当てはまるのかを検討しながら住宅ローンを借り入れましょう。

 

借り入れ方法別のメリット・デメリット

住宅ローンの借り入れ方法はそれぞれメリットもあればデメリットもあります。

正直なところ「これを選べば完璧」というものはないので、ご自身が理想とするものはどれか考えながら選んでいくと良いでしょう。

ここからはその参考にしていただけるよう、借り入れ方法ごとのメリット・デメリットをまとめます。

 

借り入れ方法 メリット デメリット
ペアローン 夫婦それぞれ控除できる 諸費用が2倍になる
連帯債務 連帯債務者も控除できる 取り扱う金融機関が少ない
連帯保証 借入額が増やせる 連帯保証人は制約がある

ペアローンは夫婦それぞれ住宅ローンを組むことになるため、夫婦それぞれ住宅ローン控除を受けられます。

当然、諸経費も2倍とはなってしまうものの、より共働きの家庭が増えている昨今、人気の借り入れ方法となっています。

また、連帯債務は契約者だけではなく連帯債務者も住宅ローン控除が受けられるのが魅力です。

扱いとしては契約者と連帯債務者が同列なので、住宅ローン控除の恩恵も大きいでしょう。

ただ、取り扱う金融機関が少ないのが欠点です。

そのほか、連帯保証は借入額が増やせるのが利点です。

返済能力が契約者だけではなく連帯保証人の分も含められるため、多額の住宅ローンでも借り入れ可能な場合があります。ただ、契約者と連帯保証人は同列という扱いではないため、減税や団信への加入ができません。

 

どの選択肢を選ぶかによって借り入れ方法も結果が変わるため、それぞれの状況に合わせて選択していきましょう。

 

 

まとめ

住宅ローンの金利にはそれぞれタイプがあり、主に全期間固定型と変動金利型と固定期間選択型があります。

それらの金利タイプごとにメリットとデメリットがあるため、絶対に選ぶべき1つが決まっているわけではありません。

他の借入先や借り入れ方法に関しても同様です。

 

まずはご自身の状況に照らし合わせて考えていく必要があるため、ここでまとめた注意点なども参考にしながら選んでみてください。