コラム

コラム

【タイプ別】二世帯住宅のメリットとは?特徴やデメリットも併せて解説

【タイプ別】二世帯住宅のメリットとは?特徴やデメリットも併せて解説

お家づくりにおいて、住む場所は重要なポイントです。

これからの生活のことを考えて、両親の近くに住むと色々と便利そうだと考える人も多いでしょう。近居や隣居という選択肢もありますが、二世帯住宅での同居もおすすめの住まい方の一つです。

そこで今回は、二世帯住宅のメリット・デメリットや特徴について解説してまいります。
家族の形は人それぞれですので、自分たちに合った暮らし方を考えてみましょう。

そもそも二世帯住宅とは?-3つの特徴あり

二世帯住宅とは、親世帯と子世帯が一緒に生活することを目的として設計された住宅のことです。
二世帯住宅は、大きく分けると3つの特徴に分けられます。

・完全同居型
・部分共用型
・完全分離型

順番に特徴を見ていきましょう。

完全同居型

完全同居型は、生活空間すべてを共有するもので、昔ながらの同居スタイルです。
通常の一戸建てに近いため、親世帯と子世帯の距離が近くなることが特徴。

部分共用型

部分共用型は、生活空間の一部をお互いに共有するもので、ほどよく距離を取った同居スタイルです。
玄関・リビング・水回りなどの内、どこを共有するかで距離感のバランス調整ができる点が特徴。

完全分離型

完全分離型は、生活空間を完全に分離して、最もプライバシーを重視した同居スタイルです。
ライフスタイルや生活時間の違いを気にせず、隣居に近い感覚での同居を実現します。

【タイプ別】二世帯住宅のメリット

二世帯住宅では、世帯間で考え方やライフスタイルを共有することが重要です。
それぞれの特徴を理解して、自分たちに合ったものを選ばなければなりません。

・完全同居型のメリット
・部分共用型のメリット
・完全分離型のメリット

順番に解説していきます。

完全同居型のメリット

完全同居型のメリットは、生活空間を共有することで、追加設備が不要になるため、建築費用が抑えられる点です。
家事や育児の協力を得られやすい点も挙げられます。

部分共用型のメリット

部分共用型のメリットは、それぞれのライフスタイルに合わせた家づくりができることです。
共有する生活空間を世帯間の話し合いで調整するために、事前の相談が重要といえるでしょう。

完全分離型のメリット

完全分離型はお互いの生活空間が分かれているため、家族の繫がりを保ちつつもプライバシーに配慮できる点がメリットです。 
別々に過ごしつつも、隣で暮らしている安心感があり、程よい距離感が魅力といえます。

【タイプ別】二世帯住宅のデメリット

一方で、二世帯住宅のタイプ別にデメリットも存在します。
自分たちの暮らしに当てはまるかどうかを考えてみましょう。

・完全同居型のデメリット
・部分共用型のデメリット
・完全分離型のデメリット

順番に見ていきます。

完全同居型のデメリット

完全同居型では、お互いのプライバシーにどのように配慮するかが問題となります。
世帯間の距離が近いことは、悪いことではありませんが、お互いへの配慮の気持ちを持つことが大切です。

事前に話し合い、ルールを決めておくとよいでしょう。

部分共用型のデメリット

部分共有型において、分離する空間が多すぎると建築費用が割高になる点に注意が必要です。
事前の相談が上手くいかなければ、建築費用とプライバシー確保が中途半端になってしまう可能性もあります。

そうならないためにも、双方の考えのすり合わせが大切になります。

完全分離型のデメリット

完全分離型では、住まいが空いたままになる可能性があり、使い勝手が悪くなることがマイナスポイントです。

一つの世帯で両方を使用するのは不便であるため、賃貸住宅としての活用を見越した設計を考えるのも方法の一つです。

二世帯住宅の費用相場

二世帯住宅の費用相場は、坪単価60万円~100万円となります。

価格に幅がある理由は、同居タイプによって異なるためです。
完全同居型、部分共有型、完全分離型の順番に建築費用は上がっていきます。

二世帯住宅で利用できる補助金

二世帯住宅は一般の住宅に比べると割高になりますが、負担軽減のための補助金制度が存在します。

・すまい給付金
・地域の住宅補助
・長期優良住宅化リフォーム推進事業

順番に解説していきます。

すまい給付金

すまい給付金は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担を緩和するために創設された制度です。
制度は終了しましたが、所定の期間内に契約した方については、最大50万円の給付が受けられます。

地域の住宅補助

お住まいの自治体によっては、地域の住宅補助事業があります。
多世代同居や近居を推進している自治体が多いため、上手に利用していきましょう。

長期優良住宅化リフォーム推進事業

長期優良住宅化リフォーム推進事業は、二世帯住宅へのリフォームに有効です。
三世代同居対応改修工事には、補助金の加算もあるため、建築会社へ相談してみましょう。

まとめ:二世帯住宅を建てる際はどこまで共有するかを考慮しよう

二世帯住宅での同居を快適なものにするためには、生活空間をどこまで共有するかを考慮しなければなりません。
ライフスタイルのギャップを埋めるためにも、世帯間での話し合いはとても重要です。

自分たちに合った暮らし方を考えた上で、専門家にも相談してみましょう。
予算とプライバシーの確保を両立するプランが見つかるはずです。

四季工房では「広がりの間取り」を意識した二世帯同居を提案いたします。
お家づくりでお悩みの方は、お気軽に見学会まで足をお運び下さいませ。