コラム

コラム

後悔しない家づくりのポイントは?-家を作る際に大切な選び方を紹介-

後悔しない家づくりのポイントは?-家を作る際に大切な選び方を紹介-

本記事では、家づくりで後悔しないためのポイントや、それぞれの特徴を解説していきます。

結婚や出産など新しい家族ができた際、マイホームを建てようと計画する方は多いのではないでしょうか。マイホームの購入は一生に一度ともいえる大きなイベントであるため、家づくりには多くのこだわりを持ちたいものです。

しかし、夢のマイホームが完成したものの、いざ住んでみると「ここが不便だった」「この部分は必要なかった」などと後悔してしまうケースもあります。

そこで今回は、マイホームを計画している方向けに、家づくりのポイントを解説していきます。家づくりのポイントを押さえておくことで、後悔しない理想のマイホームを実現させましょう。 

家づくりのポイント

後悔しない家づくりのポイントは、大きくわけて3つあります。 

・家づくりのポイントその1.「住宅会社選び」 
・家づくりのポイントその2.「土地選び」 
・家づくりのポイントその3.「資金計画」  

上記について、詳しく解説していきます。 

家づくりのポイントその1.「住宅会社選び」 

住宅会社は3つのタイプがあります。 それぞれ、得意な部分が異なりますのでプラス面、マイナス面を踏まえて自分たちの 家づくりにはどの住宅会社が合っているのかよく考えて選ぶ必要があります。  

1.大手メーカー

良い面 

・ 安定した品質とデザイン、最新の住宅設備機器 ・しっかりとしたメンテナンス体制 ・ 土地紹介や資金面など総合的なアドバイスを受けられる。 

悪い面 

・全国どこでも同じ家 ・プランニングの自由度がある程度限られる ・ 規格外のプランや仕様はコストが高くなる。  

2.設計事務所 

良い面 

・デザイン性、プラン力に優れる ・ 自分たちだけのオリジナルの家が造れる ・施工会社を選べる 

悪い面 

・設計と施工が別々の会社 ・ 問題が起きた時の責任の所在が不明確 ・アフターメンテナンス体制に不安がある 

3.地元工務店 

良い面

・地元密着で安心感がある 

・プランの要望が比較的通りやすい ・ 仕様の選択やコストダウンの融通が効く 

悪い面  

・デザイン性、プランカでは大手メーカー、設計事務所に劣る

・ 土地紹介や資金面など建築以外のアドバイスが弱い ・ アフターメンテナンス体制に不安がある。

家づくりのポイントその2.「土地選び」 

土地選びに大切なのはスピードとタイミング 「いつかもっと良い土地が出るはず」と考えているうちに候補の土地が全部売れてしまったなんて いうこともあります。土地選びのポイントをしっかりおさえて、気に入った土地は思い切って早めに 手を打つことをお勧めします。  

1.土地の形・大きさ・方位・使い勝手は?

間口・奥行きの幅との関係は? 駐車スペースやお庭は取れますか? 方位や日当りはどうでしょうか? 建物の大きさを踏まえて建物の配置を考えてみましょう。 また、境界杭は入っているでしょうか? ない場合は測量をして杭を入れる必要があります。 道路との高低差がある場合は造成・外構費用が高くなる傾向があります。 

2.地盤の強度は大丈夫? 

軟弱な地盤の場合、地盤改良に大きな費用がかかります。周辺地盤の様子を不動産屋さんに確 認しましょう。また、大雨時の河川の氾濫や裏山の崖崩れの心配はないでしょうか。 市町村の防災マップをチェックしたり、近所の人に話を聞くなどして確認しましょう。 

3.ライフラインのチェック 

上下水・電気・ガスなどのライフラインは整っていますか。 汚水マスや止水栓、電柱の位置を確認しましょう。特に上下水の設備がない場合は水道管 の引込や浄化槽の設置など大きな費用がかかります。 

4.法令関係は大丈夫?

住宅を建てる際には都市計画法、建築基準法、農地法など様々な法令が関係してきます。 

たとえば道路と2m以上接していない敷地には住宅を建てられません。 また、市街化調整区域や農業振興地域では建築の許可がおりない場合があるので注意が 必要です。

買った後に「家を建てられない土地だった」なんてことがないようにしましょう。 

5.周辺の環境や土地の前歴にまつわること

学校まで徒歩何分? 近くのスーパー、毎日のゴミ出しは? 隣の空地に建物が建ったら日当り はどうなるか。 また実は「昔は沼地だった」なってことはありませんか? 

家づくりのポイントその3.「資金計画」

家を建てるということは、人生最大のイベントです。その中で、資金は非常に大切な部分です。 

1.家づくりの総費用を確認する

建物費用だけでは家は建てられません。総額でいくらかかるのかを確認することが必要です。 税金もお忘れなく。 

・建物本体 建物本体の費用 ・建物付帯工事、 本体以外の費用(エアコン、ウッドデッキ、オプション工事など) ・設計料 プランや確認申請に掛かる費用 ・諸費用 

測量費用、水道引込費用、登記費用、火災保険など ・解体・造成費用 倉庫の解体、盛土、土留めなど ・外構費用 アプローチ、駐車場、カーポート、物置など  

2.自己資金を確認する 

今ある貯蓄からいくら家づくりに使うことができるかを確認します。 

3.年収から借入可能額を確認する

年収負担率から計算しますが、銀行や住宅会社に相談するのが賢明です。 

4.今の家計から可能な返済額を確認する

◎ 資金のことはフィナンシャルプランナーなど専門家のアドバイスをもらうのが一番です。 

家づくりに掛ける資金はいくらが適正なのか、今の生活レベルで将来、資金に不安が ないかなど、しっかりと生涯に渡っての収支を見える形にして、アドバイスしてもらえます。 

一度ライフプランニングをしてもらってから住宅メーカーや土地選びをはじめるのがお勧めです。 

まとめ

以上、3つののポイントをご説明いたしましたが、家づくりにあたって実は一番先にするべきことは 3.の資金計画です。

いくらのお金をかけるのが適正なのかを把握してから、住宅会社選びと 土地選びを並行して行うことをお勧めします。

また、家を優先するのか、土地を優先するのかによって充当する資金の割合が変わります。 高い土地を買ってしまったために、希望する会社で家を建てられないというケースもあります。

資金の割合をよく考えて土地と住宅会社を選ぶ必要があります。